|ピアノ修理⑨

カワイピアノサイレント取り付け

カワイの高級機種にクラシックV2を取り付けました。
大型のピアノになりますので、スペース的には十分余裕がありますが、部品が干渉する部分があり、
意外とやり難い機種です。

画像左上から、ハンマーの動きを制御する消音バー、
鍵盤の動きを検知するキーセンサー、
ペダルの動きを検知するペダルセンサー、
消音切り替えレバーは前後させるだけのワンタッチ操作、
子供さんでも簡単にお使いいただけます。
後付けユニットの利点として、お求めやすい価格と古くなって修理の場合でも取り外して簡単に修理可能な点でしょうか。
ご依頼ありがとうございました。R5年2月

白鍵鍵盤張替え

鍵盤に無数のひびが入っています。お客様のお話ではアルコールで毎日消毒していたそうで、
たまに消毒する程度でしたら問題ないのですが、毎日ですと次第にヒビが入ります。
白鍵盤の張替えを致します。
ピアノは45年位前につくられたピアノです。

とりあえず、古い鍵盤を剥がしますが、ヒビだらけなのでバラバラになり、剥がしにくいです。
この時代のピアノは鍵盤木口と上面のツーピースになっています。
とりあえず新しい鍵盤を接着します。
その後面を落として形を整えますが結構時間のかかる作業です。
後は、お客様のご自宅でピアノに合わせ微調整して完成です。
ご依頼ありがとうございました。R5年2月

ハンマーヘッド交換

製造後やや年数が経過したピアノで、使用頻度が大変高く、高音部はハンマーフェルトの肉厚がありませんので交換しました。

ハンマーヘッドは音質に大きく関係します。
高音部のハンマーはフェルトがすり減り、心材の木が出てきています。
こうなるとハンマーを削って整形も出来ませんので交換する以外にありません。
それにしてもかなりのご使用量ですね。

ご依頼ありがとうございました。R5年2月

ご質問やご相談はお電話ください。